キリスト教の教会での葬儀を行うには?金額や相場、式場

キリスト教教会での葬儀を行うには?金額や相場、式場

キリスト教信仰者弔いの重要なコストは、聖職者や奏楽者への御礼、会堂活用料金、墓地などがあります。
葬儀会社は、亡骸の運輸から葬儀場の準備、弔いの計らいまで一切を請け負います。

まずはキリスト者葬り援助対応にお電話ください。
逝去した場所に業務用車にて運びに行きます。

それから、御遺族の皆様で棺に入れることを行います。
葬儀場に移って、故人を告別します。

司式者が関係者をお導きします。
亡き人の人生に感謝し、祈りをするようにします。

キリスト教の教会での葬儀

司式者が相応しいバイブルの聖句を告げます。
故人様を見届けて、偲ぶ時を持ちます。

司祭は皆様と共に斎場に移動します。
一般的なお葬式は職場の上司やご友人を参列者に呼びます。

教会員の葬式で司会をする宗教者の派遣だけでも対応します。
界隈の葬儀会社に要請しているのだけれども、司式は現役の奉仕者にお願いしたいというご遺族に。

日本の葬りの儀式は、非常に必要経費が高いのために注意が必要。
喪主さまは、葬礼の一切を用意し、必要経費を出すというきつい苦労があります。
弔電サービスは、扱いやすさが良く、簡便です。

キリスト教信仰者式場に告別式を行いたいが、お寺さんの墓地に入れるのか?
お骨を引っ越したいが、お金が割安な仕方は?
クリスチャン葬送窓口受付では、納骨堂の案内や建立も支援しております。

クリスチャン葬式援助センターの火葬だけの式は半通夜を行いません。
内容はシンプルながらも、牧師が真心から働きます。

キリスト者葬礼相談対応の一日での葬儀は、お食事の場所を用意します。
ファミリー葬は、通夜の祈りと葬送の式を開催します。
しっかりとしたお花の祭壇を設けて、家族で故人様を偲ぶ時を持ちます。

亡くなった母の生前よりの希望で、キリスト教葬儀を行いました。
母が通っていた教会のチャペルで、母のために祭壇が設けられ遺影が飾られました。
普段は礼拝に使われているというチャペルの天井はとても高く、参列者を見守るかのように祭壇中央に飾られている十字架を見ると、キリスト教信者ではない私でさえ敬虔な気持ちになります。
(http://キリスト教葬儀.jp.net)